2007年02月18日

子供達とDS

我が家の子供達のゲームデビューは遅くて・・・

私がかたくなに、持たせたくなかったからですが。

周りがいくら持ってても、うちはうち、とその分どこかへ連れて行ってました。

子供が、公園でボール持ってても、それで遊びことなく隅の方で集まってゲーム機を持ちながら没頭している姿にへきえきしてました。

しかし、さすがに、学校での話題はゲームが中心で、知らないと入っていけません。馬鹿にされたりいじめに合うとまではしないものの、子供の心中を察するにやはり共通の趣味というのはあるに越した事がないわけで・・・

しかし、元はといえば、私が脳トレをしたかったからなんですが、DSを買ってきました。

それからは私のを子供たちが交代で、1日おきの30分だけ、という約束でさせてました。

しかし、それでは外にもって行く事ができない。
意を決した子供達はお年玉で買うと決め、予約可能のお店に1人づつ、頼んだのです。

注文して2週間ほどで、まず2等兵のが先にきました。
人気のあるブラックを頼んだ1等兵のは未だに来てません。
私のを結局使ってます。

今、二人が夢中のソフトはポケモンのダイヤモンド。
学校でも大流行だそうです。
開発した人はよっぽど、子供心を持った人なのでしょう。

これは、ポケモンやわざなどを増やしながら道があって、それを進んでいくものらしいのですが・・・
30分など、あっという間に終わります。
まだまだやりたい気持ちを抑えながら泣く泣く止めざるを得ません。
約束ですから。

でも、ここの所、二人は本当に夢中で、話すこともそればかり。
読む本も攻略本ばかりです。

私は考えました。

いつも中途半端で終わらすから、逆にいつまでも頭に残っているのではないかと。

自分だって、夢中になってるときに「はい、やめー!」と言われたらやりたい気持ちが不完全燃焼するだろう。

ならば・・・

旦那と結束して、昨日の土曜日、私は仕事、旦那は山サイに行くのをいい事に二人に留守番させ、トイレと昼ごはん以外は部屋から出ないでと閉じ込めてずっとDSさせてみようということになりました。

朝の9時から夕方5時まで。

私が仕事から帰ったとき、二人はパジャマ姿でDSの画面とにらめっこでした。

感想を聞きましたが、期待通りの感想は帰ってきませんでした。

もう、しばらく見たくない、とでも言うかと思ってたのに。

でも、1等兵は2−3週間はやらなくていいかな、とボソッと。
じゃぁやるな、と言うと、「え〜」 ・・・なんだよ!

結局、家では10日間やらない、ということに決めました。

今回の事が、子供たちの中で何か感じてくれるものになったらやってよかったなと思います。

もう二度と、させませんが。

今朝、子供達は体の変調は全くないようです。

私だったら頭痛や肩こりがひどいと思うなー・・






posted by タカサン at 09:12| 千葉 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 我が家は、まあ女の子ということもありますが、テレビゲーム類はありません。

 別にゲームを悪者にしているつもりはないのですが、僕はやらせないで住むならそれに越したことはないのかなと思ったりもします。

 没頭しちゃうと何時間も画面とにらめっこになるだろうし、脳をシェイクしよう。

 僕自身、ゲームの画面展開に目がついていかずいい思いをしたことがありません。

 ともかくお友達と話し、外を駆け回ってほしいと願っています。
 
 でも、まあきっと子供たちにはたまらない魅力なんでしょうね。
Posted by まーさん at 2007年02月19日 21:28
>ま〜さん

自分達が子供の頃とどうしても比較してしまうんですよね。「ごはんよー」と言われるまで近所の子たちと日が暮れるまで鬼ごっこなどで遊んでた自分たちと・・・・

理想を求めちゃいけないのでしょうけど、ついつい・・・
Posted by タカサン at 2007年02月20日 06:36
おはようございます
ゲーム・・確かに悩みますよね。。
3歳のknightももう〜ゲームをしたがりますよ〜(__;)

18日の夜9時からNHKの番組で「ドキドキ・ヒヤリで子供は育つ」という番組をやっていたのですが
番組中に外で3時間以上遊びテレビは30分以内の子供と3時間以上テレビを見て外では30分以内(だったかな)しか遊ばないの子供の精神状態や情緒的なことを調べた結果(統計)・・イライラしたり自分に自信が無いとか学校に行きたくない何に対してもやる気がないなど、外で遊ばない子供は不安定になっているようです。
身体を使って遊ぶことや遊びの中に何でもトライしてみる勇気って大人になると忘れてしまってることでもとっても大切なことなのだと思いました。
そして、テレビやゲームの影響は子供の精神的成長などに大きく関わっているのだと数値で見て
ちょっとビックリしてしまいました。
ただ、今の世の中外で遊ばせたくても
遊ぶ場所や環境があまりにも狭すぎますよね。。
遊んでの怪我より道中の事故や事件に巻き込まれる方がよっぽど心配でなかなか目を離せない状況ですね。。
先が思いやられるわ・・
Posted by ★七★ at 2007年02月20日 10:21
私も同じ姿勢で臨んでいました。一昨年までは・・・。
でも、今では一家でゲームをすることもあります。
「ゲームはさせない方がいいよ」と、多くの先輩方々から貴重なコメントを頂いていましたが、「楽しみのひとつ」として、皆でゲームを楽しんでいます。
不思議ですが、読みたい本があったり、ピアノの課題があれば、ゲームをすることもありません。友達との約束があれば、外遊びもしています。
新しいゲームがリリースされたら即入手して触れさせることで、彼らの仲間たちとも上手くやっているようです。
自由な時間の中では、自分のやりたいことを思いっきりやることを覚えれば、やるべき事も自分でやるようです。
自分が餓鬼だった頃の遊び方や時間の使い方と、彼らの世代は大きく異なるはずですから。
Posted by kuro_ode at 2007年02月20日 20:49
どんなものでもそうですが、要は使い手の問題なんですよね。

だからゲームが悪い訳じゃないんです。

ゲームは楽しい、これは否定できないです。
どう付き合うかなんだよなあ。

そういうのがうまくできればいいのですが…
うちの子も自然とのめり込みすぎず、ゲームも遊び中のひとつのカテゴリーとして臨んでくれればそれでいいとは思っています。

タカサンのブログの場所をお借りして貴重な意見が聞けました。ありがとうございます。
これいいテーマですねえ。
Posted by まーさん at 2007年02月21日 00:04
いやあ、僕の中学時代を思い出します。
今はもう無いMSX2という企画のパソコンを買ってもらったのが中1のころ。中学のころはそんなにゲームもなかったのであまりやりませんでした。
しかし、高校に入ってから、いろいろとゲームが出始め、夜遅くまでゲームをする毎日に。当然成績は急降下。1年浪人するハメになりました。
いまや、ゲームやテレビアニメは学校でのコミュニケーションには欠かせない話題になってますので、一方的に禁止することはあまりにも酷なんでしょうね。
タカサンのブログを読んで、なるほどこういうやり方もあるのかと感心しました。(子供はいませんが)

実は僕も脳トレはまってます。
Posted by アンカレッド at 2007年02月21日 08:40
うちは、母子家庭だったこともあって、ゲームは早くからさせてしまいました。
一人っ子だし家にいてもお母さんは仕事、僕はお留守番ということが多かったので。
再婚してからは、ゲームの時間を決めてさせています。
引越しが度重なったので、やはり友達つくりのためにゲームはしかたないものになってます〜。(;・д・)
私自身、『どうぶつの森』を子供が学校や寝ている間にやっていますw
ストレス解消になる程度のゲームなら、私はやってもいいんじゃないかなぁーって思っていたりしてます^^
でも自分で『お!レアアイテム!』って思うときに、われに返って『実際こんなレアアイテムなくてもあっても生活に変わりないのになぁー』って夢のないことを感じたりしますがw
Posted by 舞雪 at 2007年02月21日 08:45
ひゃ!ちょっとお留守にしてた間に貴重なご意見がいっぱい!返事が遅れて申し訳ないです(人;´Д`)

>★七★さん

そうなんです、一番変わってしまったのは、外の世界が危険になってしまったこと。
それこそ、親が在宅したまま、小さな子供を近所のオニイチャン・オネンチャンに任せておける・・なんて、できませんものね。
保育園や、幼稚園、学校などでとことん他の子たちと触れ合ってればそれも時間の中にカウントしてもいいかもしれないですね。

>クロオデさん

家族でゲーム、というのは我が家も意識してます。先日買ったWiiなんて、ほんと、皆で遊べますものね。
遊べば楽しい、その事を分かってるのに口出ししてしまう自分がイヤなんです。
友達より少しでも早く体験させてあげると子供って(いや、自分も)ちょっと鼻高くなるんですよねー

他の事に目を向けるきっかけ作り、今後も続けます。

>まーさん

社会現象にまでなってる問題ですからね、ゲームやってても、ちゃんと学校行って、収入を得られるようになればかまわないんです。
ただ、ニートやらそういう姿をニュースで見ると、必ずと言っていいほど、部屋にこもってゲームしてるでしょ、それが怖いんです。

>アンカレッドさん

時間を忘れてのめりこみますよね、しばらくは。
周りの声が聞こえず、生返事ばかり。
ものすごく、集中しています。

浪人が決まった時のご両親はどういう事をおっしゃってましたか?
黙ってくれてましたか?
何かアドバイスをくださいましたか?
後学のために教えてください(。・・)_且~~

>舞雪さん

友達との共通の話題は、時代に関係なく必要不可欠ですよね。昔はアイドルだったり、TVだったり・・
今はそれがゲームやアニメ、となってるだけなんですよね。
『どうぶつの森』かぁ。面白い?癒し系っぽいですよね、たかがゲームですが、ストレス解消程度になるなら、されどゲーム、ですね。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

皆様の、ご意見、大変有意義でした。
ありがとうございました。

きっと、これからも家庭内戦争は勃発していくでしょう。またネタができましたら取り上げますのでカキコミ頂戴したいと思います。
Posted by タカサン at 2007年02月22日 08:07
聞きたいですか?もちろん「ゲーム禁止令」継続です。
実は、高3になったときに、「ゲーム禁止令」は出てました。でも時すでに遅し。急降下した成績は1年間では上昇しませんでした。
高3の時のテストの成績一覧の「英語:38」という数字を見て、親は最初点数だと思っていたらしいのですが、後で偏差値だと知ったとき、ぶっ倒れそうになってました。
浪人一年間必死こいて勉強し、大学合格までゲームは我慢したのですが、もうその頃にはMSX2は時代遅れになり、僕のゲーム熱も冷めてしまいました。
Posted by アンカレッド at 2007年02月24日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。